癌効果

日本人の死亡原因で一番多いのは癌です。癌になってしまう原因には、いくつかの原因があります。遺伝もあると言われていますし、食生活や生活習慣なども原因の一つですよね。タバコも吸わなく、お酒も飲まずに、食べ物の好き嫌いが無い方でも癌になってしまうことがありますから、一概にはどれが原因だとも言えないのが癌なのです。しかしできることならば、このような大病にはなりたくありませんよね。そのためには癌に良いと言われるものを摂取し、規則正しい生活を心がけることも癌予防の一つだと思います。そんな方におすすめなのが亜麻仁油です。亜麻仁油に含まれる3大栄養成分、α-リノレン酸・食物繊維・リグナンには、癌細胞を抑制するのに有効な成分を持つことでも有名です。アメリカの国立ガン研究所では、亜麻仁油は癌抑制食品の一つに挙げられているほどです。特に乳がんに対する亜麻仁油の効果は非常に高いのです。これは亜麻仁に含まれているリグナンが関係しているとも言われています。亜麻仁には女性ホルモンの働きに似たリグナンが含まれています。このリグナンによる女性ホルモンの働きで、乳がん細胞を抑制することができると考えられているのです。癌に良いと言われている食べ物は沢山ありますが、それらを全部食べることもできませんよね。またそれらを全部食べたからと言っても、癌が100%治るわけでもありません。ただ実際に亜麻仁には、癌細胞を抑制するということが分かっていますから、何らかの期待はできるはずです。特に家族に癌になったことがあるという方は、癌になる前に亜麻仁油で予防をしてみてはいかがでしょう。